【☆】「幸せになるための8分間」1分間目は「心のツボ」を刺激しよう

ハート型の雲

今すぐ試せる!

 

 

どうも。masa☆くるぷぴぃ(@masataro_2525)です。

 

 

本記事は、前回の続きです。

 

 

「幸せになるための8分間」の1分間目。

 

『「心のツボ」を刺激する』についててです。

 

では、早速!

「心のツボ」とは

ヨガ

 

胸のある1箇所を押すと、全身に電気が走るように感じる箇所があります。

 

それが「心のツボ」、胸腺です。

 

胸の中央にある胸骨を触ってください。

その上部にあるツボ。

胸ポケットがあるなら、ちょうどその真横です。(Via:35-36頁)

 

このツボを刺激することで、気分が高揚し、幸せな気分になることができます。

 

そんな不思議なツボが、私たちの体にはあるのです。

「胸腺」の科学的根拠

本とメガネ

 

そして、「胸腺を刺激=幸せになれる」という図式には、科学的な根拠があるそうです。

 

胸腺が刺激されると、内分泌系が活動し、それによって身体内に化学反応が起こり、神経系を鎮め、脳の機能を促進させるのです。

いわゆる「気分が楽になる状態」になるのです。(Via:32頁)

 

胸腺の機能を発見した精神科医のジョン・ダイヤモンド博士の研究グループは、こんな実験を行なったそうです。

 

博士らは、通常のマウスと胸腺を取り除いたマウスの2匹に、ガン細胞を注入しました。

 

すると数日後、胸腺を取り除いたマウスは、ガン細胞に打ち勝つ力がなくなり全て死にました。

 

しかし、胸腺が残っている通常のマウスではガン細胞に打ち勝つ可能性が、はるかに高くなったそうです。

幸せになれる理由は、「T細胞」を生産するから

血液

 

胸腺が私たちを元気にする主な理由は、胸腺がT細胞を生産するからです。

 

T細胞って何?

 

T細胞は体を守るスーパー警察官です。

 

常に細胞を見張り、異常な細胞や身体にとっての有害な細胞を捜索しています。

 

 

T細胞は血栓などの危険やウイルスなどの侵入者、有害物質を見つけ出すと、まるでターミネーターのごとく素早くそれを破壊します。

T細胞がなければ私たちの身体は、あらゆる病に侵されてしまいます。(Via:35頁)

胸腺を刺激してT細胞を生産する3つの方法

見ざる・言わざる・聞かざる 猿

 

胸腺を刺激することは大切なこと。

 

ウンウン。

 

じゃあ、どうやって胸腺を刺激すれば良いの?

 

 

1つ目の方法は、直接「心のツボ」を押すことです。

2本の指をツボの上に置き、1分間かけて、20回ほど連続して軽く押します。

 

2つ目の方法は、ニッコリと微笑むことです。

微笑む度に胸腺は刺激され、その度に身体中に化学物質が送り込まれて、気分が高揚していきます。

 

3つ目の方法は、舌を上顎の、上の歯の後ろにくっつけます。

少し奇妙ですが、舌をセンターの位置に置く「センタリング」を行うことで、右脳と左脳のバランスが保たれます。

すると脳は、ちょうどいいバランスに気持ち良さを感じて、思考(気分)もよくなります。

 

 

特別な道具などはいらないので、今すぐにでも試してみることができますね。

おわりに

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

「幸せになるための8分間」の1分間目、「心のツボ」についてシェアしました。

 

 

胸腺を刺激して、T細胞を生産することで気分が高まり、幸せな気分になることができます。

 

 

ニッコリ微笑んで、1分間軽く胸腺を抑えてあげる。

 

 

 

これが幸せになるための1分間目です。

 

 

 

少しでも良かった、役に立った、と思ってくださった方は本記事のシェア、Twitterフォロー(@masataro_2525)よろしくお願いします。

 

それではまた、次回の記事でお会いしましょう。

 

 

いつも誰かのお陰様☆

 

 

 

 病気ブログへ
 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

ランキングサイトに登録しています。皆様の1ポチッとが記事を書く力になります。

 

【LINE@ はじめました】

友だち追加

クリックで友達になりましょう☆