【当事者目線】1型糖尿病患者の血糖値とHba1cの正常値とは?

糖尿病 血糖値

あなたの体は悲鳴をあげていませんか?血糖値は正常ですか?

 

1型糖尿病患者のmasa☆くるぷぴぃです。

食べ過ぎや飲み過ぎなど不規則な生活習慣が続いている方はいらっしゃいませんか?

この機会に一度ゆっくりとご自身の体と向き合ってみてはいかがでしょうか。

 

今回は、1型糖尿病である私の経験を踏まえて、血糖値やHba1cについて説明していきたいと思います。

 

1型糖尿病のついての詳しいことは、こちらの記事をご覧ください。

 

血糖値とは

血糖値測定器

 

血糖値とは、血糖の値のことです。

血糖とは血液中のブドウ糖のことです

その値を血糖値を言います。

 

人間の体は本当によくできていて、血液中のブドウ糖の濃度は膵臓から分泌されるインシュリンによって一定に保たれています。

 

1型糖尿病では、膵臓からのインシュリンの分泌が行われないため

皮下注射により補うことで血糖値を一定に保っています。

Hba1cとは

糖尿病自己管理ノート

 

Hba1cとは「ヘモグロビンa1c」のことです。

ヘモグロビンエーワンシー」と読みます。

 

ヘモグロビンという言葉なら聞いたことがある

という方がいらっしゃるかも知れません。

 

Hba1cの詳細につきましてはコチラの記事に詳しい説明がありますのでご覧ください。

 

「つまり何がわかるの?」

 

過去約2ヶ月分の血糖値の平均値を知ることができる

と理解していただいて構いません。

 

な・の・で!

 

検査の1週間前にだけ、今までの不規則な生活をリセットするように生活を正したとしても

残念。それはお医者さんにはお見通しです。

値を見れば一目瞭然!

不規則な生活をしていた方はバレバレ。

 

それがこの「Hba1c」なのです。

 

少し厄介だと思う方もいらっしゃるかも知れませんね。

健康な方の正常値

  • 空腹時血糖   70〜109mg/dl
  • 食後2時間血糖 140mg/dl未満

とされています。

 

健康な方でも、空腹時、食後や間食等でこのように血糖値が変動します。

よく「ちょっとしんどいから甘いものを食べたいな」と思うことありませんか?

それは、血糖値が基準値より低くなって、低血糖という症状を起こしている可能性があります。

1型糖尿病患者の正常値

Hba1cの正常値と異常値

 

日本糖尿病協会の自己管理ノートによると

  • 血統正常化を目指す際の目標 6.0未満
  • 合併症予防のための目標  7.0未満
  • 治療強化が困難な目標 8.0未満

とされています。この目指すためには

  • 空腹時血糖130mg/dl未満
  • 食後2時間血糖値180mg/dl未満

をおおよその目安にすると記載されています。

 

ちなみに先月の僕のHba1cは5.5でした。無事!正常値!

しかし、一喜一憂している場合じゃない。

 

私たち1型糖尿病患者は、一生血糖値と付き合って行かなければいけません。

 

これが今僕が使っている、1型糖尿病患者の自己管理ノートです。

自己管理ノート

ボロボロで申し訳ありません。

このノートに毎日の血糖値を書き残します。

 

最近では、アプリを使って血糖値を記録しています。

 

終わりに 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

血糖値とは実に奥が深いです。

 

僕は1型糖尿病なので毎日最低3回、多い時には7回ほど血糖値を測って、自分の血糖値を確認しています。

 

「血糖値測定をしたことがない」という方は一度血糖値測定をしてみてはいかがでしょうか?

 

自分の体を知ることは、健康な体を保つために大切なことだと思います。

 

検索してみたら血糖値の測定機器はアマゾンでも販売していました。

以下にリンクを貼っておきますね。

 

血糖値測定器を見に行く方はコチラをクリック

公益社団法人糖尿病協会のHPをご覧になりたい方はコチラをクリック

 

他にも1型糖尿病に関する記事を書いていますので、よければお読みになってください。

 

少しでも良かった、役に立った、と思ってくださった方は本記事のシェア、Twitterフォロー(@masataro_2525)をよろしくお願いします。

 

それではまた。

いつも誰かのお陰様☆